エロ漫画

今日も僕は幼馴染のギャルにたかられる【無料で読む】トーテムポールのエロ漫画

今日も僕は幼馴染のギャルにたかられるのネタバレ・感想を紹介します。

このエロ漫画の作者はトーテムポール先生です。

  • 幼馴染のギャルに振り回される毎日
  • 頭はバカだが身体つきはエロい
  • エロい妄想をしながらオナニーにふけっていると
  • ギャルに見られてしまい・・・

こんな見所シーンが詰まってます!

リンク先「幼馴染のギャル」で検索

BookLive!コミック公式サイト

無料で試し読みができる

30日間会員費無料キャンペーン中

今日も僕は幼馴染のギャルにたかられるのネタバレ

俺には幼馴染がいる。

真面目で優等生な正樹とは正反対の黒ギャルになってしまった「森山紗代」だ。

俺のことを見下してきてあまり好きではないが

おっぱいは大きく、太ももはムチムチで

いつの間にか女の身体へと成長していた。

 

「紗代ちゃん今日も正樹と一緒に帰るのー?」

「まぁね、ボランティアボランティアー」

 

何がボランティアだ。

バイトで稼いだ金でおごらせてるんだからボランティアじゃないだろ!

俺の気持ちを考えろ!

 

学校の帰り道、紗代は俺についてくる。

「で今日はどこ行く~?」

「なんで当然のように一緒にどこか行くことになってんだよ?」

「えーだって、正樹ボッチだし」

「彼女もできないだろうし」

「私がいてやらないとだねー」

そんなこと言うやつと一緒にいて楽しいと思うか!

 

だが、一緒にいてドキってしてしまう瞬間もないわけではない。

 

帰宅後、俺はチンコに手が伸びる。

普段振り回されてばかりだが

紗代のあんなエロいボディを見せつけられたら

反応しないわけがない・・・

 

「紗代のやつ・・発育ばかりよくなりやがって・・・」

俺は紗代のエロい姿を想像しオナニーに励む。

「え、なあに?」

 

「紗代っ紗代っ!」

しこしこしこしこ

「えぇ~正樹ってば私のことそんな風に思ってたのぉ?」

「正樹のえっちぃ」

しこしこしこしこ

 

「え!?」

気づくと紗代は窓から僕の部屋に窓から

侵入しようとしていた。

 

「ちょ・・!不法侵入!」

「アソコをそんな風にしといて不法侵入とか言ってもねぇw」

俺は顔を背ける

「赤くなっちゃって可愛い~♡」

 

紗代でオナニーしてるのがバレた・・

明日みんなに広められる・・・

 

「おっぱい見せてあげよっか」

「マジで?」

「鼻息荒すぎw興奮しすぎだろ」

 

「ほれ」

紗代は服をたくし上げおっぱいをお披露目した。

おっぱいはかなり大きく、ハリもあり

乳首もピンク色でエロかった。

 

「へ、変じゃないか?」

「紗代のキレイだ・・・」

「私のおっぱい想像して、あんな必死に手動かしてたもんな」

「うぅ・・」

「そんな恥ずかしがんなよw」

 

「なぁ触ってもいいか?」

「いいよ♡正樹がそんなに私のおっぱい触りたいんなら」

俺はおっぱいを鷲掴みにし、むにゅむにゅと触っていく。

「あっあん♡そんなガッツかないで優しく・・」

 

ペロっ

「うわっちょ何してんだよ!」

「ばかっ舐めていいなんて言ってないだろ!」

紗代は大きく飛び跳ねていやらしい声を出した。

 

「最近気づいたら紗代のことばっか考えてて・・」

「オナニーの邪魔しちゃったし手でしてやってもいいよ・・?」

「私の名前呼んでたし、私にしてほしかったんだろ」

「い、いいのか・・」

今日も僕は幼馴染のギャルにたかられるの感想

幼馴染がギャルに育つし、すごいバカ。

だけど発育だけは成長しすぎw

優等生の正樹はギャルのことを邪険にしつつも

家ではしっかりギャルのエロい姿を想像してオナニーwww

憧れのエロボディを持つ幼馴染におっぱい見せてもらって大興奮☆

リンク先「幼馴染のギャル」で検索

BookLive!コミック公式サイト

無料で試し読みができる

30日間会員費無料キャンペーン中