エロ漫画

委員長は催眠アプリを信じてる。のネタバレ・感想|STUDIOふあんのエロ漫画

委員長は催眠アプリを信じてる。

委員長は催眠アプリを信じてる。のネタバレ・感想です。

STUDIOふあんのエロ漫画作品。

 

期末試験が終わり和やかな教室。「催眠アプリ」が流行りだした。もちろん効果は無い。効いたフリをしてムチャ振りをするゲームだ。

平凡な俺は陽キャ達の遊びに乗じて、疎遠になってしまった学級委員長の「黒田皐月(さつき)」に話しかけるきっかけを作ろうとするのだが……。黒田の予想外過ぎる行動に、俺は…

リンク先「委員長は催眠アプリを信じてるで検索

BookLive!コミック公式サイト

無料で試し読みができる

委員長は催眠アプリを信じてる。のネタバレ

ウチのクラスでは何やら怪しいアプリが流行っている。

「催眠導入α」

実際には催眠効果なんてなく

ただのジョークアプリだ。

 

「おい政職ぉー(まさもと)」

スクールカースト上位の佐倉が俺のところにきやがった。

「ちょっとアプリやってみろや」

 

バカ佐倉が・・・!

だが、断れば「ノリ悪いヤツ」の烙印。

イジラレキャラに送り・・・

最悪、ハブにされてしまう!

 

俺は催眠アプリに乗っかることにした。

「委員長を見て~」

うわマジかよ・・・

俺の好きな黒田の方を見るなんて恥ずかしい!

 

「委員長に本当のことを言いたくなってきた~」

佐倉が叫ぶと、クラス中が注目してきた。

「え?何何??」

どうする・・!

俺は告白することしかないのか・・・!

 

「く・・黒田さ・・ん!」

パチンッ!

俺の耳元で、佐倉が指を鳴らした。

「はーいストップー!」

 

はぁーよかった。

さすがにみんなの前で告白させることはしないようだ。

 

俺は安堵していると・・・。

「ねぇ小寺くん。ちょっと手伝って欲しいことがあるんだけど・・・」

憧れの黒田さんに呼ばれ、校舎裏の倉庫に連れていかれる。

 

「はーい小寺くんリラックスして~」

黒田さんはスカートからスマホを取り出すと

俺に画面を見せてきた・・・!

 

え?

催眠アプリじゃん!

何するきだよw

 

「わたしに触りなさい」

黒田はスカートをたくし上げた。

目線を下げると、真っ黒なパンツを履いていた。

委員長は催眠アプリを信じてる。の感想

委員長の黒田さんが可愛い・・!

成績優秀で美人なのに催眠アプリを信じちゃうなんてw

頭いいのにアホの子だとッ

なんていうギャップw

しかも、真っ黒なスケベパンツ履いてエロいですね。

実は両想いでイチャイチャセックスも見ものです!

リンク先「委員長は催眠アプリを信じてるで検索

BookLive!コミック公式サイト

無料で試し読みができる