エロ漫画

ユアソング『藤丸』読んだ感想!

ユアソング『藤丸』エロ漫画

ユアソングのネタバレ・感想です。

 

『COMIC快楽天』作家・藤丸の単行本第2弾!

<収録作品>
夏待ちの日
青年期の憂
幸福期の隣人
思秋期の薬
晴れ日の花束
めぐみの果実
はるの牛飼い
供花の庭
金糸雀の坂道
終わりの電気羊
8月の灯(了)

「ユアソング」で検索

ユアソング『藤丸』エロ漫画

 

ebookJapan公式サイト

▼夏待ちの日▼

ユアソング『藤丸』エロ漫画

ユアソングの感想

▼青年期の憂▼

ユアソング『藤丸』エロ漫画
収録されている「供花の庭」を別のメディアで読んでこの作者の作品に興味を持ち、早速本書と前作『ラブミーテンダー』を併せて購入した。

前作同様、どぎつい描写は少なく、爽やかな感じだったりコミカルな感じだったりと、作品のもつ空気感を心地好く楽しむことができる。どこかしら喪失感とでも呼ぶべき雰囲気が漂う作品が多く、それが浸水世界という設定と相俟って独特の世界観を作り出しており、味わい深い。

『ユアソング』は、『ラブミーテンダー』収録の「8月の灯」の云わば続編でもあり、その世界に生きている人たちの物語から成るオムニバスでもある。併せて読まれることを薦めます。

もちろんストーリーがいいだけでなく、登場する女の子たちも可愛い。

▼めぐみの果実▼

ユアソング『藤丸』エロ漫画
成人向けで、がっつり絡みがあるのに各話それぞれほっこりしたり切なくなったり、独特の読後感があります。
爽やかで、胸の空くような、甘いような寂しいような…
なのでオカズとして使用できるかは個々違うと思いますが、それを画力が補います。
前作と併せておすすめです。
電子版と紙版で買ってしまうくらいには

▼8月の灯(了)

ユアソング『藤丸』エロ漫画

「ユアソング」で検索

ユアソング『藤丸』エロ漫画

 

ebookJapan公式サイト