エロ漫画

婿殿は地縛霊を読んだ感想!『ヨールキ・パールキ/(露々々木もげら)』

婿殿は地縛霊

婿殿は地縛霊(むこどのはじばくれい)のネタバレ・感想です。

ヨールキ・パールキ/(露々々木もげら)のエロ漫画作品です。

 

家族の長期不在中留守を任されたニーナ。だが彼女の家は有名な幽霊屋敷だった。元々性欲が強かったニーナは恐怖を紛らわせるためにオナニーに没頭するようになる。

誰もいない家で気兼ねすることなくイキまくれるオナニーに没頭するニーナ。

そんな彼女の前に現れたのはこの屋敷に憑りついた幽霊だった。幽霊・ロラン伯爵は屋敷に住んでいる人間の精力を糧としており、ニーナのオナニーによって実体化したというのだ。もし肉体を完全に取り戻せればこの家から解放されるかもしれない。

そのために協力してほしいと申し出る伯爵。そして彼との奇妙な共同生活が始まった――。

リンク先「婿殿は地縛霊で検索

BookLive!コミック公式サイト

無料で試し読みができる

婿殿は地縛霊のネタバレ

「アッ♡クリイキ…きもちぃいい♡」

ニーナは一人、屋敷でオナニーに励んでいる。

バイブをベッドに置き、その上に乗って騎乗位している。

 

「腰ッ止まんないよぉ♡」」

「カクカクバカみたいに気持ちよくなって♡」

来る日も来る日もオナニーをしていた。

 

「我慢しないオナニーってこんなに気持ちいいの・・ッ!♡」

「こんなの・・・病みつきになっちゃう・・!♡」

 

二日前、ニーナの両親は長期出張に行ってしまう。

屋敷に一人取り残されてしまったわけだが

この家は幽霊屋敷で当然大きな物音がしたり、

物が勝手に動いたりと不気味なことが起こっていた。

 

恐怖心があるなか、実は期待していたことがあった。

それは解放感溢れるオナニーだ。

 

家族全員性欲が強くて、毎晩家族のセックスの喘ぎ声を聞かされてきた。

ニーナはこそこそとオナニーで発散してきたわけだが、

これからは家族を気にせずにオナニーができる。

 

大広間でオナニーしたり・・・

パパのAVを見ながらオナニーをしていたある日のことーーー。

「この女優さんバックで突かれながらお尻叩かれて気持ちよさそう」

「もっとッ♡もっとしてッ♡」

 

「いいなぁ私も叩かれてみたい・・・」

自分で自分のお尻を叩こうと思ったその瞬間。

パァンッ!!

「~~~~~~♡」

 

「えっ?」

自分で叩いてないのに・・・?

 

ぬ・・ッ!!

「こんばんわ」

「キャアアアアアアアアア」

突然、スーツを着た骸骨の男が現れた。

婿殿は地縛霊の感想

やっときましたァー!

ヨールキ・パールキさんのエロ漫画!

いつも神秘的な作品を書かれる方ですね~。

今回は屋敷の主であった骸骨男とエッチなことをしていくわけですが・・・

最初は不気味に思っていたけど、実は気さくな人でニーナが性的満足を覚えるたびに、骸骨男は肉体を取り戻していくっていう斬新なストーリーでしたッ!

最後はハッピーエンドで終わるし、イラストもやっぱりエロいしで大満足でしたッ!!

ぜひ読んでみてください!

リンク先「婿殿は地縛霊で検索

BookLive!コミック公式サイト

無料で試し読みができる