エロ漫画

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避!のネタバレ・感想(ユウキHB)エロ漫画

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避!

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避!のネタバレ・感想です。

ユウキHBのエロ漫画作品。

 

「ぜ…絶対挿れたりしないでよね…!」俺に跨り、とろけた股間を擦りつけるJK。馬用興奮剤で本当に女子が発情するなんて!!――女だらけの乗馬部で冴えない雑用ライフを送る俺。ある時、日ごろの腹いせに…と偶然手に入れた馬用興奮剤を女子部員の鞍に塗ってみたら大変なことに!!

生意気な後輩も、ツンと澄ました部長まで、アソコに走るエッチなむずむずが止まらない!?指と舌でイカされて火照りきった体は更にヒクヒクとおねだりを続け…「挿れない約束なら」と素股エッチに突入。部活で鍛えた激しい腰使いに俺もたまらず…!!

リンク先「乗馬女子の騎乗位で検索

まんが王国公式サイト

BookLive!コミック公式サイト

無料で試し読みができる

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避!のネタバレ

名門学校の乗馬部に入っている最島。

・・・とは言っても実際に乗馬することはなく

男手が欲しいといって勧誘され

主にマネージャー(雑用)をさせられている。

 

部長の天王寺亜子に頼まれ

女子部員が使っている鞍(くら)を手入れをしていた。

 

「あれ?もうクリームなくなっちった」

「代わりの物ないかなぁ・・・」

倉庫のクローゼットをあさっていると

「ん?馬用興奮剤・・・?なんだこれ」

 

「身体のほてりが取れないんだ・・このほてり収めてくれないか?」

「そうよ!あんたの身体でどうにかしなさいよ・・・!」

亜子と生意気な後輩の海凪(みなぎ)の裸を想像してニヤける最島。

 

二人の鞍に馬用興奮剤を塗り、翌日を迎える。

乗馬している海凪の様子が少しおかしかった。

顔が火照ってて、股の部分が濡れている。

 

「やっぱり少し具合悪いかも・・保健室・・連れて行きなさいよ!」

「具合悪い時まで命令なんだな」

「う・・うるさい!あんたは・・言うこと聞いてればいいの・・!」

 

最島は海凪を連れて歩く。

「ここ馬小屋じゃないのよ!」

小屋の扉を閉め、思いっきりディープキスをする。

頭を撫でると

「馴れ馴れしいのよ・・!」

「まぁそういわずに服脱げよ」

制服を脱がすとパンツがびっちょりと濡れているのがわかった。

「あっ♡やめっ♡」

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避!の感想

お嬢様学校に入学した男。

ハーレム状態で羨ましいですね!

美形お嬢様と生意気なツンデレ後輩。

馬用興奮剤で感じちゃうなんてエロすぎます。

可愛い女の子ととっかえひっかえ中出しセックスばかり!最高です!

リンク先「乗馬女子の騎乗位で検索

まんが王国公式サイト

BookLive!コミック公式サイト

無料で試し読みができる